異なった濃度の高度不飽和脂質に対するリパーゼの基質特異性分析 Analysis of Substrate Specificity by Lipase for Polyunsaturated Lipids at Different Concentrations

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小杉 佳次 KOSUGI Yoshitsugu
    • 生命工学工業技術研究所 分子生物部 Molecular Biology Department, National Institute of Bioscience and Human-Technology

抄録

微生物リパーゼ, 膵臓リパーゼ及び膵臓リパーゼとアミノ酸配列の似た相同タンパクの界面活性化, 基質特異性及び帽子のように被う短い螺旋構造のlid領域等の機能について, 結晶構造解析結果を参考にして説明した。トリアシルグリセリンの<I>sn</I>-1, <I>sn</I>-2及び<I>sn</I>-3に作用するリパーゼの位置特異性について述べると共に, 脂肪酸特異性を決定する方法について検討した。異なった物理状態にある脂質を, <I>Rizomucor miehei</I>リパーゼがどのように認識するかを解析するために, 1mM及び100mMの脂肪酸あるいはエステルを基質として, エステル合成あるいは分解を行った。脂肪酸特異性分析は, 可溶性酵素及び固定化酵素の初速度及び特異性定数 (みかけの最大速度/ミカエリス定数) を比較した。グルタールアルデヒドを用いて陰イオン交換樹脂, あるいは, カルボジイミドを用いて陽イオン交換樹脂に固定化したものの, 1mMの基質に対する活性がより高かった。しかし, 上記のような二価性反応試薬の活性化は100mMの基質に対する活性には観察されなかった。1mMの基質で界面活性化は起こらないので二価性反応試薬により<I>R.miehei</I>の<I>lid</I>領域の塩基性アミノ酸が修飾され活性化されたが, 100mMの基質では界面活性化が起こっているので二価性反応試薬により活性化されなかったと考えた。上記のような比較には加水分解反応の分析は酵素の初速度が有効であったが, エステル化反応の分析は特異性定数が有効であった。

Interfacial activation, specificity and the function of lid domain on microbial lipase, pancreatic lipase, and identical proteins of pancreatic lipase are studied using crystal structure of these proteins. The regioselectivity of lipase for attacking <I>sn</I>-1, <I>sn</I>-2 and <I>sn</I>-3 positions of triacylglycerol are examined and methods for determining fatty acid specificity were studied. In order to investigate the enzymatic recognition in different concentrations to identify how lipase recognizes lipid diversity, substrate specificity by lipase from <I>Rhizomucor miehei</I> for polyunsaturated fatty acyl lipids at 1mM and 100mM was compared. Reaction rates and the specificity constant (apparent Vmax/Km) were measured using native and immobilized lipases. Higher reaction rates for 1mM substrates were noted using immobilized lipases fixed on anion exchange resin with glutaraldehyde and on cation exchange carrier with carbodiimide, indicating that some modification of the basic amino acid in the lid of <I>R. miehei</I> lipase. However, the activation with these bifunctional reagents was not observed for 100mM substrates, indicating that interfacial activation always occurred by the aggregate of 100mM substrate. These characteristics were particularly observed reaction rates in hydrolysis and specificity constants in esterification.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(10), 1015-1021, 1998-10-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002277008
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4585435
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ