ガングリオシドの構造と機能の分析 Analysis for the Structure and Function of Gangliosides

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 脇 初枝 WAKI Hatsue
    • 東京都老人総合研究所生体膜部門 Department of Membrane Biochemistry, Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology

抄録

微量ガングリオシド調製法の開発により, 脳シナプス膜や少量癌組織のガングリオシドの定量的分析ができるようになった。質量分析法や核磁気共鳴の進歩は, これらの機器分析を, 新しく発見されたガングリオシドの構造解析に不可欠のものとした。抗ガングリオシド抗体をプローブとする免疫化学的手法は, 特異的で感度の高いガングリオシド検出を可能にし, ガングリオシドの脳内分布をみたり, 癌組織に特異的に発現するガングリオシドを検出するのに有用な手段である。これらの分析手段を駆使して得られた情報は, ガングリオシドの機能研究に提供され, ガングリオシドの機能調節因子としての役割の解明が進展しつつある。

Isolation methods and analytical procedures for gangliosides have been continuously improved. Gangliosides from samples of small sizes such as plasma membrane fractions can be determined using these methods. Newly isolated gangliosides are often subjected to sophisticated measurements by mass spectrometry and nuclear magnetic resonance spectrometry. Localization of gangliosides among various tissue regions are determined by immunohistochemical methods using anti-ganglioside antibodies. Such improved analyses provide much information for the understanding of functions of gangliosides. Recent analytical methods and functional research in this field are reviewed.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(10), 1023-1029, 1998-10-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  35件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002277026
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4585436
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ