抗酸化成分の機能評価法 Evaluation of Antioxidant Activity of Natural Products

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

天然抗酸化成分のin vitroとin vivoの脂質過酸化に対する効果の評価法を概説した。これまでに, トコフェロール類, カロテノイド, フラボノイド, クルクミノイドの抗酸化力が, ミクロソーム, 赤血球膜, 血漿リポ蛋白, そして動物実験によって明らかにされている。最近では, ヒト体内でのこれら天然成分の抗酸化力が, その吸収と代謝についての検討とともに, 精力的に研究されている。

The methods for evaluating antioxidant property of natural products in <I>in vitro</I> and <I>in vivo</I> lipid peroxidation systems are reviewed. Antioxidant activity of tocopherols, carotenoids, flavonoids and curcuminoids have been demonstrated against lipid peroxidation induced in microsomes, erythrocytes, plasma lipoproteins and in animal trials. Recently, <I>in vivo</I> antioxidant function of natural products was extensively investigated in humans together with explanation of their absorbability and metabolic fate.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(10), 1073-1082, 1998-10-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  35件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002277314
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4585441
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ