界面活性剤分析技術の進歩 Advance in Analytical Technique of Surfactants

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

界面活性剤は, その分子構造に由来する様々な特性を有しており, 応用分野はますます拡がっている。それとともにその使い方も多様化し, 界面活性剤の分析の重要性は今まで以上に高まっている。<BR>界面活性剤の分析技術は, 分析機器やコンピュータの進歩に伴い, HPLC, GC, SFC, キャピラリー電気泳動 (CE), フローインジェクション (FIA), NMR, MSなどの機器分析を中心に発展している。本稿では, 界面活性剤の一般的な分析法を概説するとともに, 環境問題や安全性の面から注目されている界面活性剤の定量分析法について詳述する。さらに, FIA, HPLC, LCMS, CEを用いた微量分析法についても最近の分析技術を紹介する。

The various properties of surfactants derived from their molecular structure and these compounds are assuming greater scope of application. Many different types of surfactants have thus been produced. The importance of analyzing surfactants continues to grow.<BR>Methods have been mainly developed for surfactant analysis, using the latest analytical equipment and computers such as HPLC, GC, SFC, capillary electrophoresis (CE), flow injection (FIA), NMR and MS. A general method for analyzing surfactants is outlined in this review, quantitative analysis methods, significant for environment preservation and safety, are explained in detail. Recently developed analytical techniques for trace analysis using FIA, HPLC, LCMS and CE are also introduced.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(10), 1123-1132, 1998-10-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  83件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002277464
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4585447
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ