プラズマ重合膜を用いた化学センシング Chemical Sensing with Plasma-Polymerized Membranes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 黒澤 茂 KUROSAWA Shigeru
    • 物質工学工業技術研究所有機材料部 Department of Organic Materials, National Institute of Materials and Chemical Research

抄録

イオン選択性電極と水晶振動子式の化学センサーの分子認識膜をプラズマ重合法で合成した。テトラフェニルボロンアンモニウム塩, ヘキサフルオロベンゼンと二酸化イオウの混合系, 4, 4'-メチレンジアニリン, スチレン, ペンタフルオロスチレン, フタロシアニン誘導体をプラズマ重合の原料モノマーに用いた。プラズマ重合膜を分子認識膜に用いた化学センサーは, 高感度・高耐久性を示した。

Molecular recognition components of chemical sensors on ion-selective electrodes and piezoelectric quartz crystals were prepared by plasma polymerization. Ammonium tetraphenylborate, a mixture of perfluorobenzene and sulfur dioxide, 4, 4'-methylenedianiline, styrene, pentafluorostyrene and phthalocyanines derivatives served as the monomers in the plasma polymerization. High sensitivity and good stability were found characteristic of the chemical sensors in which plasma-polymerized membranes were used.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(10), 1133-1140, 1998-10-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  44件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002277548
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4585448
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ