有機機能性物質の設計と合成に関する研究 Design and Preparation of Functional Organic Materials

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本総説は著者の研究成果を中心に次の高機能性ないしは2次的機能をもった材料の開発および分子認識能をもつ材料の開発についてまとめた。<BR>1) 優れた機能が期待される多鎖多親水基型陽イオン性界面活性剤の開発<BR>2) アルカリ金属およびアルカリ土類金属イオンに対して識別能をもつクラウンエーテル類の合成とその機能の利用<BR>3) 糖由来の界面活性剤の合成ならびにそれを用いた分子構造の認識に基づく糖の分離と選択的輸送<BR>4) カルボン酸とアミノ酸から誘導できるオキサゾリン系マルチキラル配位子の開発と不斉有機合成への利用

The studies for what the Japan Oil Chemists' Society prize of 1998 was awarded to the author are sorted as follows : <BR>1) Development of multi-type ammonium salt surface active agents which are expected to have excellent properties<BR>2) Synthesis of crown ethers which have abilities to recognize alkali metal and alkaline earth metal ions and utilization of their functions<BR>3) Synthesis of sugar-derived surface active agents and their utilization in separation and selective transport of sugars based on their ability in differentiation of the structure of sugars<BR>4) Development of oxazoline ligands which can be derived from carboxylic acids and amino acids with ease and their utilization in asymmetric organic synthesis<BR>5) others<BR>In this review, items 14) are described.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(11), 1179-1188, 1998-11-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  44件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002277593
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4604477
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ