植物油脂中のクロロフィル類の高速液体クロマトグラフィーによる定量法の確立と合同実験結果 High-Performance Liquid Chromatographic Determination of Chlorophyll Pigments in Vegetable Oils and Fats : Collaborative Study

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

食用植物油脂中に存在するクロロフィル (Chl) 類, 主としてフェオフィチン-a (Pheo-a), フェオフィチン-b (Pheo-b), ピロフェオフィチン-a (Pyro-a), ピロフェオフィチン-b (Pyro-b) の各成分を選択的に定量するため, 蛍光検出-HPLCによる分析法の確立を試みた。その結果, HPLCカラムには逆相系ODSカラムが, また溶離液としてはアセトン/メタノール/水 (60 : 36 : 4, vol) の混合液がChl類の分離に最適であった。またChl類の検出には, 励起波長420nm, 蛍光波長660nmの組み合わせが最も良かった。本HPLC法をなたねや大豆の脱酸油に応用したところ, mg/kgオーダーで含まれるPheo-a, b, Pyro-a, bの4成分を再現良く定量することができた。以上より, 本法は食用油脂中のChl類の定量法として有効であると思われた。

The quantification of chlorophyll (Chl) pigments such as pheophytins a and b (Pheo-a and -b), and pyropheophytins a and b (Pyro-a and -b) present in edible vegetable oils was conducted by high performance-liquid chromatography (HPLC) provided with a fluorescent detecter. A reversed phase ODS column in combination with a mixture of acetone, methanol and water (60 : 36 : 4, vol) as the mobile phase was found most effective for separating Chl pigments by HPLC. The pigments were detected at an excitation wavelength of 420nm and emission wavelength of 660nm. Subsequent to the neutralized rapeseed (canola) and soybean oils, Pheo-a and -b and Pyro-a and -b could be determined by this method at the mg/kg level. The present HPLC is thus shown quite effective for the quantification of Chl pigments in edible oils.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(11), 1225-1232, 1998-11-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002277773
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4604482
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ