アポトーシスにおける脂質メディエーターの役割 Roles of Lipid Mediators in Cytokine-induced Apoptosis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

サイトカインによるアポトーシスの誘導においてアラキドン酸やセラミドという脂質メディエーターの重要性が指摘されている。TNFに抵抗性を示す亜株のうちにはcPLA<SUB>2</SUB>活性が欠如しているものがある。この細胞にcPLA<SUB>2</SUB>のcDNAを発現させると感受性が回復する。さらに親株の感受性細胞をTNF処理するとセラミドの産生がおこるのに対し抵抗性株では起こらない。しかしこの抵抗性株をセラミドで処理するとアポトーシスが誘導される。これらの結果は二つの脂質メディエーターがアポトーシス誘導において重要な役割をはたしていることを示すとともに両者が互いに関連しあっていることを示唆している。本総説ではこれら脂質メディエーターのアポトーシスにおける役割を, 他のメディエーターとの相互関係について留意しつつ, まとめてみたい。

There is increasing evidence that lipid mediators such as arachidonic acid and ceramide are importantly involved in cytokine-induced apoptosis. An L929 subclone, selected for its resistance to TNF cytotoxicity, was inadequate in cPLA<SUB>2</SUB> activity. The expression of cloned cPLA<SUB>2</SUB> cDNA in resistant cells caused the sensitivity of cells to increase toward TNF. TNF caused ceramide to accummulate in sensitive but not resistant cells. Ceramide treatment eliminated resistance to TNF and led to cell death in resistant cells. The significance of and possible link between mediators in cytokine-induced apoptosis are thus demonstrated by the present results. The functions of lipid mediators in the cytokine-induced apoptosis are discussed with special attention directed to the interrelationships of these meditors to other mediators reported to date.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(12), 1303-1311, 1998-12-01 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  64件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002277873
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4626462
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ