フェロセン修飾非イオン界面活性剤を用いたベンゼンの可溶化の酸化還元反応による制御 Redox Control of the Solubilization of Benzene with a Ferrocene-Modified Nonionic Surfactant

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 酒井 秀樹 SAKAI Hideki
    • 東京理科大学理工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, Faculty of Science and Technology, Science University of Tokyo
    • 武井 拓人 TAKEI Takuto
    • 東京理科大学理工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, Faculty of Science and Technology, Science University of Tokyo
    • 近藤 行成 KONDO Yukishige
    • 東京理科大学工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, Faculty of Engineering, Science University of Tokyo
    • 好野 則夫 YOSHINO Norio
    • 東京理科大学工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, Faculty of Engineering, Science University of Tokyo
    • 阿部 正彦 ABE Masahiko
    • 東京理科大学理工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, Faculty of Science and Technology, Science University of Tokyo

抄録

酸化還元活性なフェロセニル基を修飾した非イオン界面活性剤 (11-ferrocenylundecyl polyoxethylene ether : FPEG) が形成するミセル中へのベンゼンの可溶化に及ぼすフェロセニル基の酸化, 還元の影響を界面化学的に検討した。被可溶化物質のミセル-バルク間の分配を表す可溶化平衡定数は, 被可溶化物質としてベンゼンを用いた場合には, フェロセニル基の酸化によって減少し, フェロセニル基の還元によって再び増加した。このことから, FPEG分子の酸化還元反応を利用した可溶化の能動的かつ可逆な制御が可能であることが分かった。

Benzene was solubilized in aqueous micellar solutions of a redox-active nonionic surfactant (11-ferrocenylundecyl polyoxyethylene ether : FPEG) and the effect of the redox reactions on the solubilization is studied. The solubilization equilibrium constant (K) of benzene in FPEG micelles, which represents the distribution of solubilizates between micelle and bulk solution, was found to decrease with the oxidation of ferrocenyl moieties of FPEG molecules, but to increase with reduction in ferrocenyl moieties. Active and reversible control of solubilization is thus shown possible through application of the redox reactions of FPEG micellar solution.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(12), 1337-1343, 1998-12-01 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002277998
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4626467
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ