アタパルジャイトとセピオライトへのトリオレインの吸着状態 Adsorption of Triolein on Attapulgite and Sepiolite

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アタパルジャイトとセピオライトを用い, 一定量のβ-カロチンを含むトリオレイン溶液からのトリオレインの吸着について検討した。トリオレインの吸着等温線はラングミュアー式に良く適合した。β-カロチン・トリオレイン溶液からのトリオレインの吸着係数<I>b</I>はトリオレイン溶液からの吸着係数より大きかった。この結果から, 一部のトリオレインはβ-カロチンによって部分的にあるいは全体的に覆われた状態で吸着していることが分かった。

Triolein adsorption on attapulgite or sepiolite was measured in triolein hexane solution containing with constant β-carotene content. The adsorption isotherm of triolein could be well expressed by the Langmuir equation. The triolein adsorption coefficient, <I>b</I> obtained from β-carotene-triolein solution was exceeded that from triolein solution. Small amounts of triolein adsorbed on attapulgite or sepiolite are thus shown to be partially or fully covered by adsorbed β-carotene.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(12), 1355-1358, 1998-12-01 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002278043
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4626470
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ