水分散系における各種トリアシルグリセリンの酸化安定性 Oxidative Stability of Triacylglycerols in Aqueous Solution

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

6種類のトリアシルグリセリン (TG) の水分散系での酸化安定性を, 酸化に伴う高度不飽和脂肪酸 (PUFA) の減少量と過酸化物生成量の測定から比較したところ, オリブ油TGとマグロ眼窩油TGの酸化安定性が最も高く, ついで, エゴマ油TG, 菜種油TG, 大豆油TG, サフラワー油TGの順となった。したがって, PUFAとしてはDHAやα-リノレン酸などの不飽和度のより高いPUFAを含むTGの方が, リノール酸のような不飽和度の低いPUFAを含むTGに比べ, 酸化されにくいことがわかった。また, オレイン酸は, 水分散系でのTGの酸化に対して抑制的に働くことも明らかになった。次に, DHA含量の異なる5種のTGの酸化安定性について検討したところ, DHA含量が30%程度のものが最も酸化されにくかった。また, オレイン酸をTG中に組み入れることでも, その酸化安定性の向上が期待できることがわかった。

The oxidative stability of six typical triacylglycerols (TGs) in aqueous solution was compared based on measurements of decrease in unoxidized polyunsaturated fatty acids (PUFAs) and total peroxide formation. Stability was highest in the case of olive TG and tuna TG, followed by perila TG, rapeseed TG, soybean TG and safflower TG. This order indicates TGs containing docosahexaenoic acid (DHA) and α-linolenic acid as main PUFAs to be oxidatively more stable than TGs containing linoleic acid and high oleic acid content to increase the resistance of TG toward aqueous oxidation. Decrease in oxidative stability with increase in linoleic acid content was also confirmed by comparison of the oxidative stability of four oleic acid-enriched TGs.<BR>The oxidative stability of five DHA-enriched TGs indicated TGs containing approximately 30mol% DHA to be the most oxidatively stable and oleic acid incorporation in DHA-TG to enhance this stability.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 48(1), 21-27, 1999-01-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002278160
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4634187
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ