リパーゼによる高度不飽和アシルグリセリン混合物の内部エステル交換反応 Lipase-mediated Interesterification of a Highly Unsaturated Fatty Acid-containing Acylglycerol Mixture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ドコサヘキサエン酸 (DHA) を72.0%含むアシルグリセリン混合物 (PG) を反応基質として外部からアシル基供与体を添加せずにリポザイムIMによる内部エステル交換反応をヘキサン中で行った。可及的にトリアシルグリセリン (TG) に変換する反応条件について検討した結果, (1) あらかじめ五酸化リンを用いてリポザイムIMを脱水してから反応に供すること, (2) モレキュラシーブを用いて過剰の水分を除去することの2点が高TG組成比を得るために有効であることを認めた。すなわち基質中のTG組成比49.4%に対し, 反応生成物のTG組成比が (1) により64.5% (反応時間24h) に上昇し, (1) 且つ (2) の条件下 (合計反応時間48h) では, TG組成比がさらに上昇し, 81.0%の反応物を得ることができた。これによって得られたTGは73.7%のDHAを含んでいた。

The triacylglycerol (TG) molar ratio was augmented by Lipozyme IM-mediated interesterification of docosahexaenoic acid (DHA) rich (72.0%) partial acylglycerol mixtures (DHA-70G). DHA-70G used as substrate contained TG at 49.3%. Through interesterification mediated by Lipozyme IM previously dried with phosphoric anhydride prior to reaction, TG increased to 64.5% by 24h.The addition of molecular sieves in the reaction system at this point was effective by further increased TG in the reaction product. This content finally reached 81.0% at 48h interesterification. DHA content dominated for 73.7% of the fatty acids in TG thus obtained.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 48(1), 51-53, 1999-01-20 

    日本油化学会 = Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002278239
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4634287
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ