米糠油の酵素補助抽出 Enzyme-Assisted Extraction of Rice Bran Oil

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

米糠油の抽出前処理において, 酵素処理を行った場合の油脂回収率, およびステロール, オリザノール含量の変化を調べた。酵素処理糠から抽出された油の回収率は, 通常行われている加熱乾燥処理 (クッキング) 糠から抽出された油よりも向上した。また, 総ステロール含量, オリザノール含量も増加した。従って, 酵素処理により, 微量有効成分を含む不ケン化物が抽出され易い状態に, 米糠が変化したことが示唆された。

In the extraction of oil from rice bran, yield and quality of oil between enzyme pretreatment and ordinary cooking pretreatment (heat and dry) were examined. Yield of extracted oil was higher in enzyme pretreatment than in ordinary cooking pretreatment. In addition, total sterol and oryzanol contents were also higher in enzyme pretreatment. Therefore, it was suggested that the condition of rice bran had changed into the one in which the unsaponifiable matters including small amount of components effective for human body were extracted easily through enzyme pretreatment.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 48(2), 143-146, 1999-02-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002278412
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4656269
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ