植物ステロールを含むジアシルグリセリンの血中コレステロール低下作用 Effects of Diacylglycerol Containing Phytosterol on Reducing Blood Cholesterol Level

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

植物ステロールは古くから医薬品として使用されており, 血中の総コレステロール (T-Ch) 値を低下させることが知られている。今回我々は, 植物ステロールを含むジアシルグリセリンのT-Ch値低下効果をヒト臨床試験により調べた。その結果, 400mgの植物ステロールを含むジアシルグリセリン10gを4週間摂取した場合に, 有意にT-Ch値が3.4%低下し, さらにLDL値が6.5%低下することが判明した。またその有効率は67%であった。植物ステロールの1日400mgの摂取はこれまで報告されている量と比較すると最も低い値であり, 共存するジアシルグリセリンの効果がT-Ch低下作用に起因している可能性が示唆された。

Phytosterol is used medically for reducing total blood cholesterol (T-Ch). This study was conducted to examine the capacity of diacylglycerol containing phytosterol for reducing T-Ch. Following the administration of 10g diacylglycerol containing 400mg phytosterol over a 4-week period, significant reductions in T-Ch (3.4%) and low density lipoprotein (6.5%) were observed. The availability was 67%. This is the lowest dose of phytosterol ever reported. This result suggests that the coexsiting diacylglycerol might affect the reduction of T-Ch by phytosterol.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 48(3), 235-240, 1999-03-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002278626
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4685068
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ