植物油添加煮取法/吸着カラムクロマトグラフ法によるホタテガイ中腸腺脂質の高濃度EPA含有トリアシルグリセリンの分離・精製 Fractionation and Purification of EPA-enriched Triacylglycerols from Scallop Hepatopancreas Lipids by Wet Rendering with Vegetable Oil and Adsorption Column Chromatography

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

なたね油添加煮取法/ケイ酸カラムクロマトグラフ法の組合せにより, ホタテガイ中腸腺粗脂質から高濃度イコサペンタエン酸 (EPA) 含有トリアシルグリセリン (TG) を分離・精製した。中腸腺粗脂質から, 1%及び2%アセトン/ヘキサンの溶離液により不飽和度の異なるTGが分画され, 画分TGの不飽和度指数はそれらの溶出順にほぼ直線的に増加した。結果, 少量のなたね油を含む暗緑色の中腸腺粗脂質から, ケイ酸カラムクロマトグラフ法により直接に淡黄色の高濃度EPA (34~52%) 含有TGが8~38%の収率で得られた。

Icosapentaenoic acid (EPA) -enriched triacylglycerols (TG) were fractionated from scallop hepatopancreas lipids by wet rendering with rapeseed oil and adsorption column chromatography on silicic acid conducted in conjunction. Fractionated TG from crude hepatopancreas lipids differed according to the degree of unsaturation. Unsaturation indices of subfractionated TG increased linearly (γ=0.9841) in the order of elution with 1% and 2% acetone in <I>n</I>-hexane. Pale yellowish highly unsaturated TG was fractionated and found to contain considerable EPA (34%-52%), which could be obtained directly from dark greenish crude hepatopancreas lipids with small amounts of rapeseed oil in satisfactory yields (9%-38%).

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 48(4), 325-329, 1999-04-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002278802
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4698362
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ