リパーゼ加水分解および高速液体クロマトグラフィーによる食用油の脂肪酸, 特に不飽和脂肪酸組成の簡易分析法 Simple Determination of Fatty Acid Compositions of Edible Oils by Lipase Hydrolysis and High-Performance Liquid Chromatography

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

荏の油, 大豆油やサフラワー油のような一価および多価不飽和脂肪酸を構成脂肪酸として多く含有する食用油の脂肪酸組成を測定する手段として, リパーゼ加水分解による試料の調製および205nmUV検出器による高速液体クロマトグラフィーの利用法を検討した。生成した脂肪酸は石油エーテルで抽出し, 誘導体に処理することなく酸の形のまま分析した。内部標準に酪酸を用いた。結果は従来のガスクロマトグラフィーによる分析値によく一致した。この方法は, 加水分解およびHPLC分析ともに穏やかな条件で行うことができるので, 不飽和脂肪酸の酸化的劣化や加熱劣化による誤差を少なくして, 食用油の脂肪酸, 特に不飽和脂肪酸の組成を求めるのに有用な簡易分析法になると考えられる。

High-performance liquid chromatography (HPLC) using a 205 nm UV detector was evaluated for usefulness in determining fatty acid compositions, especially unsaturated fatty acid compositions, of edible oils such as perilla, soybean and safflower oils, which mainly consist of triglycerides that contain mono and polyunsaturated fatty acids. Fatty acids were obtained by lipase-hydrolysis followed by petroleum ether extraction. Sample fatty acids were analyzed by HPLC without conversion to the derivatives. Butyric acid served as the internal standard for determination of fatty acids. The results showed close agreement with those of GC. The present method is applicable to the simple determination of fatty acid compositions, especially unsaturated fatty acid compositions, of edible oils without degradation due to heating and/or the oxidative deterioration of unsaturated fatty acids.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 48(4), 331-337, 1999-04-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002278819
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4698370
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ