環境汚染物質 : 現状とヒトと健康への問題点 Environmental Pollutants : Current Status and Effects of Man-made Products

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 渡辺 昌 WATANABE Shaw
    • 東京農業大学応用生物科学部 Facultry of Applied Bioscience, Tokyo University of Agriculture

抄録

環境汚染化学物質はヒトがつくったものが環境を汚染し, ヒトに害をなすものと定義されるが, 動植物の被害があきらかになるにつれ, 生態系全体を対象に考えねばならなくなった。とくに体内のホルモン環境の撹乱や次世代への影響は発がんよりもはるかに微量な体内蓄積で発現するため, 新たな研究が必要である。農薬, プラスチック添加剤, ダイオキシンなど, 環境汚染化学物質の現状を概説し, 将来の方向を論じた。

Environmental chemical pollutants are products which persistingly remain in the environment and have harmful effect on humans. Control of these effects is important since plants, fish, birds, animals, as well as humans may be endangered. Measures for DDT and PCB control should serve as basis for protecting the environment. Herbicides, industrial products, such as PCB and plasticizers, and nonintentional products, such as polychlorinated hydrocarbons, dioxins and dibenzofurans may all possibly have adverse effect on the endocrine system. The effects of these substance are examined, and the importance of TRTR (pollutant release and transfer register) is discussed.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 48(5), 409-419, 1999-05-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002278915
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4732209
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ