環境化学物質の哺乳動物における内分泌撹乱作用 Endocrine Disrupting Action of Environmental Chemicals on Mammals

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鳥類, 爬虫類, 貝類などの野生生物において生殖器の異常や集団規模の縮小が報告されているが, これらの変化は内分泌撹乱作用を持った環境化学物質によって引き起こされたのではないかと推測されている。これらの化学物質はまた, ヒトに対して有害な影響を及ぼすのではないかと危惧されている。ヒトに対する内分泌撹乱作用が疑われている化学物質には, プラスチックや洗剤の成分として大量に用いられているビスフェノールA, アルキルフェノール類, スチレンおよびフタル酸類, また, 廃棄物焼却の際に発生するダイオキシン類がある。酵母, 培養細胞およびげっ歯類を用いた<I>in vitro</I>および<I>in vivo</I>での実験では, ビスフェノールAおよびアルキルフェノール類はエストロゲン作用を, また, ダイオキシン類は抗エストロゲン作用を持つことが示されている。しかし, ここで注意しなければならないのは, 現時点では, ヒトに対する内分泌撹乱作用を試験し, 評価するための適切で合意の得られた方法がないということである。<BR>ここでは, まず, 内分泌系, 内分泌撹乱物質, およびその検出法について簡単な解説をした後に, 上記の化学物質について, 最近の知見をレビューする。そして最後に, 弱いエストロゲン作用を持った二つの化学物質による劇的な相乗作用の報告, そのすぐあとの撤回という最近のトピックを紹介する。

The abnormality of reproductive organs, reduction of group size and the like in wildlife such as birds, reptiles, shellfishes, etc. has been already reported and these changes may possibly be caused by environmental chemicals with endocrine disrupting action. These chemicals are also feared to have adverse effects on humans. Suspected chemicals on humans are bisphenol A, alkylphenols, styrenes and phthalates, used as components of plastics or detergents in large quantity, and dioxins, produced through waste incineration. By <I>in vitro</I> and <I>in vivo</I> experiments using yeasts, cultured cells and rodents, it has been shown that bisphenol A and alkylphenols are estrogenic and dioxins are antiestrogenic. However, it should be mentioned that there is no adequate and consensus method for testing and evaluating endocrine disrupting action on humans at present time.<BR>In this article, following to a brief description of the endocrine system, endocrine disrupters and detective methods, recent reports on the above chemicals are reviewed. Finally, as a recent topic, it is shown that a dramatic synergism by a combination of two chemicals to be weakly estrogenic was reported and soon after it was withdrawn.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 48(5), 431-437, 1999-05-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  38件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002278992
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4732218
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ