アルキルフェノールエトキシレートの外因性内分泌かく乱物質問題 Adverse Effects of Alkylphenol Ethoxylates Endocrine System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アルキルフェノールエトキシレート (APE) は乳化性, 湿潤性などに優れ, 低コストであることから工業用界面活性剤に幅広く使用されている。1996年に "Our Stolen Future" が出版され外因性内分泌かく乱物質, いわゆる "環境ホルモン" に関する問題に対して関心が高まり, マスコミなどでAPEやその生分解物であるアルキルフェノール (AP) に本問題の疑いがかけられた。ここではこの問題に関し概説した。現在の知見から判断する限りAPやAPEは本問題に対するリスクは非常に小さいと考える。しかし, 環境暴露データが少ないことも事実であり今後とも引き続きこれらのデータを収集する必要がある。また, APEの代替えについても述べた。

Alkylphenol ethoxylates (APE) are widely used as industrial surfactants owing to their high performance as wetting agents, emulsifiers and so on, and fairly low cost. Just after "Our Stolen Future" was published in 1996, "Endocrine Disruptor" became a global issue. APE and its metabolites (alkylphenol (AP) etc.) have been shown to possibly have adverse effects on the endocrine system of wildlife and these compounds include DDT, PCB and DES. This paper reviews this problem. The estrogenic activity of AP and APE, suspected as "endocrine disruptors" is much weaker than endogenous hormones in animals, and their effects are not strong enough to disrupt the hormone balance in a living body. "Endocrine disruption" by AP would thus not be a possibility. Environmental data on AP and APE are not sufficient and additional study should be made of the effects of AP and APE. Replacement of APE is examined in the present study.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 48(5), 449-457, 1999-05-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  91件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002279080
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4732230
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ