Dietary Effect of Enzymatic Interesterified Palmolein vis-a-vis Chemically Interesterified Palmolein and Hydrogenated Fat (Vanaspati) on Serum and Other Tissue Lipid

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

一種のバナスパティ (選択的水素添加反応により液体油から調製した硬化油で, 製パン工業ではショートニングとして用いる) 代替物として, 酵素的にエステル交換をしたパームオレインの栄養特性について, 化学的にエステル交換をしたパームオレインや, 既存のバナスパティと比較検討した。酵素的に, また化学的にエステル交換をしたトランス酸を含まない油脂 (パームオレイン) と, トランス酸を多く含むバナスパティを雄アルビノラット(Char les Foster strain)に4週間与えた。酵素的にエステル交換をした油脂を与えたラットの平均体重は, 第3週, および第4週目でバナスパティ投与群に比べて有意に増加した。この食餌実験では, 総コレステロール, 中性脂肪, VLDL, 及び非HDLコレステロール, あるいはHDL/総コレステロール比に違いはなかった。酵素的にエステル交換をした油脂では, バナスパティ投与群に比べて, 有意にHDLコレステロールが増加した。酵素的にあるいは化学的に, エステル交換をした油脂を与えたラット群における赤血球膜の脂質プロフィルは変わらないが, バナスパティ投与群を比べると, 酵素的にエステル交換をしたパームオレインの投与群で, リン脂質/コレステロール比の増加を認めた。肝臓の総コレステロール量は, バナスパティ投与群に比べて, 酵素的に, また化学的にエステル交換をした油脂の投与群で有意に減少したが, その両群間では有意差を認めなかった。

An attempt was made to examine the nutritional quality of an enzymatically interesterified palmolein product as a vanaspati (hydrogenated fat produced from some liquid oils by selective hydrogenation reaction which is used as a shortening agent in the bakery Industry) substitute in comparision with chemically interesterified palmolein and vanaspati. The enzymatically and chemically interesterified fat products of <I>zero-trans</I> fatty acid content and vanaspati containing high amounts of <I>trans</I> fatty acids were fed to male albino rats (Charles Foster strain) for four weeks. The mean body weight gain of rats raised on enzymatically the interesterified group is significantly higher in the third and fourth weeks compared to vanaspati. The feeding experiment showed comparable results in terms of total cholesterol, triacylglycerol, VLDL and non-HDL-cholesterol or HDL/total cholesterol. The enzymatically interesterified product significantly increased the HDL-cholesterol level in comparison to the vanaspati group. The erythrocyte membrane ghost lipid profiles of the enzymatically and chemically interesterified fat products were comparable but, in comparison to conventional vanaspati, the enzymatically interesterified palmolein group had an increased phospholipid/cholesterol ratio. The liver total cholesterol significantly decreased in the two interesterified groups in comparison to the conventional vanaspati group but there was no significant difference between the two interesterified groups.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 48(5), 479-486, 1999-05-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  34件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002279219
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4732280
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ