有効浸出助剤としてのヘマタイト粉を用いた黄銅鉱の酸浸出 Acid Leaching of Chalcopyrite Concentrate with Hematite Powder as an Effective Promoter

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

0.5mol/dm<SUP>3</SUP>の塩酸を用い, 333Kの温度でヘマタイトならびに塩化第2鉄をそれぞれ浸出助剤として比表面積3m<SUP>2</SUP>/gの黄銅鉱から銅の浸出実験を行った。ヘマタイトを用いた浸出実験では, 黄銅鉱を24時間浸出した場合, 銅収率が約75%となるのに対して, 塩化第2鉄では65%となる。ヘマタイトを用いた場合の銅収率は, 浸出助剤無しの場合の約2倍かそれ以上となる。浸出後の残査に硫黄が析出するとき高い銅浸出が達成される。特に, ヘマタイトを用いる方が塩化第2鉄を用いるよりも硫黄析出が多い。したがって, ヘマタイトは黄銅鉱の塩酸浸出において効果的助剤といえる。

Leaching of chalcopyrite concentrate having specific surface area of about 3 m<SUP>2</SUP>/g in 0.5 mol/dm<SUP>3</SUP> HCl solution was conducted at 333 K using hematite (Fe<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB>) and ferric chloride (FeCl<SUB>3</SUB>) powders, respectively. The leaching of the concentrate with Fe<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> powder permits to achieve about 75 % copperextraction within 24 hours, while about 65 % copper is extracted by the leaching with FeCl<SUB>3</SUB> powder. Theyield of copper in the leaching with Fe<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> powder is twice or more higher than that without the promoters. High copper extraction can be achieved when much of the elemental sulfur is formed on thesolid residue after the leaching. Especially, the presence of Fe<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> powder gives us the elemental sulfurprecipitates more than that of FeCl<SUB>3</SUB> powder. Therefore, Fe<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> can be an effective promoter inthe leaching of chalcopyrite concentrate using HCl solution.

収録刊行物

  • 資源と素材 : 資源・素材学会誌 : journal of the Mining and Materials Processing Institute of Japan  

    資源と素材 : 資源・素材学会誌 : journal of the Mining and Materials Processing Institute of Japan 113(8), 631-634, 1997-08 

    The Mining and Materials Processing Institute of Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002284130
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10062646
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09161740
  • NDL 記事登録ID
    4285293
  • NDL 雑誌分類
    ZP41(科学技術--金属工学・鉱山工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-315
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ