ポリプロピレングリコールの掘削泥水添加剤への応用 Polypropylene Glycol(PPG)Used as Drilling Fluids Additive

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

石油•天然ガス井の掘削に使用されている掘削泥水には, 掘削に必要な特性を調整するために種々の添加剤が使用されている。その添加剤の一つとして, ある特定の分子量範囲のポリプロピレングリコールは, 掘削泥水の水和抑制機能と潤滑機能を高めると同時に, 泥水の流動特性や脱水特性などを改善することも実験的に明らかになり, 多機能を備えた汎用性のある泥水添加剤として実用化の見通しを得た。潤滑機能については, 既存の泥水潤滑剤と併用することにより大きな相乗効果が得られることも分かった。<br>以上の実験結果に基づき, ポリプロピレングリコールを水平坑井と大偏距井の実掘削に使用した。水平坑井と大偏距井の掘削に使用される泥水には, 高い潤滑機能と掘削裸坑部の安定維持機能が強く要求されているが, ポリプロピレングリコールの添加後は泥水の潤滑係数と泥壁の抑留係数が大幅に低減するなど, これらの要求はほぼ満たされた。掘削中, ドリルストリングに掛かるトルクやドラグの異常や, 掘削後の坑径拡大もほとんどなく, 実坑井の掘削にもポリプロピレングリコールの有効性が実証された。

It has been experimentally proved by author's laboratory tests that some specific Polypropylene Glycol (PPG) serve as highly effective drilling fluids additive for controlling water sensitive shale and improving fluids properties such as lubricity, rheology, filtration, etc. Especially, PPG gives any type of water-base drilling fluids greatly improved lubricity. Besides, PPG decreases lubricity coefficient of water-base drilling fluids as low as that of oil base drilling fluids, when used in combination with conventional water soluble mud lubricant.<br>Based on these laboratory tests, KCl/Polymer mud added with 2.0-5.0% of PPG was used for drilling the horizontal well, onshore Akita, and the extended reach well, offshore Iwaki. The horizontal well was drilled to total depth of 3060m having 500m of horizontal section, and the extended reach well was drilled to depth of 4984m with 3980m of horizontal reach at total depth.<br>These two wells were successfully drilled as planed. By addition of PPG, lubricity coefficient of drilling fluid was maintained under 0.2, as low as oil base muds. Caliper logging presented in gauge hole.

収録刊行物

  • 石油学会誌  

    石油学会誌 40(6), 534-538, 1997-11-01 

    公益社団法人 石油学会

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002285515
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00130954
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05824664
  • NDL 記事登録ID
    4324111
  • NDL 雑誌分類
    ZP29(科学技術--化学・化学工業--燃料--石油)
  • NDL 請求記号
    Z17-177
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ