石炭液化油灯軽油留分と1-メチルナフタレンの芳香族水素化特性 Characterization of Hydrogenation of Aromatics in Coal-derived Middle Distillate and 1-Methylnaphthalene

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Ni-Mo/アルミナ触媒にて石炭液化油の灯軽油留分の水素化に及ぼす反応温度と水素分圧の影響を調べた。液化油灯軽油留分には, 主にナフタレンタイプの芳香族化合物が含まれる。そこで, 芳香族分の水素化反応特性を定量的に調べるために, 1-メチルナフタレンの水素化についても調べた。石炭液化油, 1-メチルナフタレンのいずれでも, 1環芳香族分から飽和分への反応は2環芳香族分から1環芳香族分への反応に比べて, 速度的にも熱力学的にも反応が進行しにくい。特に, 高温低圧条件では, 水素化速度は温度を上げればそれだけ反応速度も大きくなるが, 逆に温度を上げていくと熱力学的平衡が芳香族側に偏ってくる。この高温での芳香族分水素化に対する熱力学的制約を緩和するためには, 水素分圧を上げるのが最も効率的である。

Effects of reaction temperature and partial pressure of hydrogen on the hydrogenation of a coal-derived middle distillate were examined over Ni-Mo/alumina catalyst. As the aromatics of naphthalene type were major components of the coal-derived middle distillate, hydrogenation of 1-methylnaphthalene was also examined to quantify the conversion rate of the hydrogenation of aromatics. The hydrogenation proceeded <i>via</i> first-order reaction, with respect to both the content of 1-methylnaphthalene and the partial pressure of hydrogen. In conditions of temperature above 350°C and the hydrogen pressure around 4MPa, not only rate of hydrogenation, but also thermodynamic limitation controlled the hydrogenation conversion of aromatics. At partial pressure of hydrogen around 12MPa, the thermodynamic limitation of the hydrogenation of aromatics was effectively released up to the temperature of 400°C.

収録刊行物

  • 石油学会誌  

    石油学会誌 41(4), 285-292, 1998-07-01 

    公益社団法人 石油学会

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002286231
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00130954
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05824664
  • NDL 記事登録ID
    4497886
  • NDL 雑誌分類
    ZP29(科学技術--化学・化学工業--燃料--石油)
  • NDL 請求記号
    Z17-177
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ