ギ酸エステルを経由した炭酸ガスと水素からのメタノ-ル合成 Methanol Synthesis from Carbon Dioxide and Hydrogen via Formic Ester

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

A new route of methanol synthesis, at 473K and 30bar, from carbon dioxide and hydrogen through formic ester was reported, by using active carbon supported palladium catalyst and coexisting weak base. This one-pot reaction consisted of 3 steps: (1) formic acid synthesis from CO<sub>2</sub> and H<sub>2</sub>, (2) esterification of formic acid by ethanol to ethyl formate, (3) hydrogenolysis of ethyl formate to methanol and ethanol, the rate-determining step. Longer reaction time favored methanol synthesis and high CO<sub>2</sub> conversion.

収録刊行物

  • 石油学会誌  

    石油学会誌 41(5), 354-357, 1998-09-01 

    公益社団法人 石油学会

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002286409
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00130954
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    05824664
  • NDL 記事登録ID
    4545986
  • NDL 雑誌分類
    ZP29(科学技術--化学・化学工業--燃料--石油)
  • NDL 請求記号
    Z17-177
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ