膜材料システムによる有機塩素汚染地下水の浄化-1 Purification of groundwater polluted with chlorinated hydrocarbons using high performance membrane system.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

有機塩素化合物の除去を目的とした新しい地下水浄化用膜材料システムを提案した.このシステムは3つのユニットからなる.空気導入部および有機塩素分解部は地表に設置する.水中から有機塩素化合物を抽出するための有機塩素化合物選択透過性を持つ膜を使用したモジュールは地下水層に設置する.このシステムでは空気導入部から吹き込まれた空気が.水中から膜を透過して有機塩素化合物をストリッピングし.分解部まで運ぶ.<BR>この論文では.数値シミュレーションを用い.このようなシステムにおける装置の影響について検討した.分析の結果.地下水浄化に必要な膜の能力およびモジュールの大きさについて大まかな知見を得た.典型的な例として.400g/dayの有機塩素化合物除去能力を持つモジュールを用いれば.1幅6mの領域を20PPmから1PPm以下に浄化することが可能である.この場合.モジュールの膜面積で1m<SUP>2</SUP>.膜の能力としてα=10,000.flux=1009/m<SUP>2</SUP>hが必要となる.

A new system using high performance membranes has been proposed and investigated in order to control groundwater pollution with respect to chlorinated hydrocarbons (CH). The system is composed of three units. An air blowing unit and a CH decomposition unit are fabricated on the ground surface. A module with a CH permselective membrane is placed in the groundwater zone for extracting CH from water.<BR>In the system, the air from the blowing unit strips CH from water through the membrane, and flows up to the decomposition unit. In this study, we investigated the effect of installation of such a system by a certain numerical simulation. Through the analysis, we obtained rough specifications with regard to membrane performance and the size of the module purifing the water. In a typical example, one module with a CH extraction capacity of 400g/day would be able to purify the groundwater from 20ppm to less than 1ppm for its downstream area of 6m width. For such a case, the module needs 1m<SUP>2</SUP> area membrane with performance of α=10,000 and flux=100g/m<SUP>2</SUP>h.

収録刊行物

  • 地下水学会誌  

    地下水学会誌 37(1), 47-53, 1995-02-28 

    公益社団法人 日本地下水学会

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002380666
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10088275
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09134182
  • NDL 記事登録ID
    3610322
  • NDL 刊行物分類
    ME34;M033
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-140
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ