豪雪都市の除排雪システムの経済性評価 -第1報 長岡市商業地域の既存システムの費用便益計算- Economic evaluation of snow-removal systems in an urban area with heavy snowfall Part 1 Benefit/cost calculations of existing snow-removal systems in the commercial area of Nagaoka city

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

豪雪都市における今後の除排雪対策を考える上では,種々の除排雪システムの検討が重要であり,そのため本研究では,除排雪システムの費用と便益を計算し,コスト面からの評価を行う.<BR>本報では,その計算方法を示し,長岡市の中心部(商業地域25町内)の車道を対象として,現在稼働している消雪パイプの費用と便益を,長岡市の除雪実績データ等を用いて計算した.結果は,便益が費用を大きく上まわり,費用便益比B/Cでみると,対象地域全体では平雪年で10.9,大雪年で16.1と高い経済性を示した.次に機械除雪について,同地域で稼働した場合の経済性を求めたところ,B/Cは平雪年で10.7,大雪年で7.6となった.<BR>対象地域全体における,各除排雪システムの経済性と降雪累計との関係を求めたところ,どちらのシステムも常に便益の方が費用より大きな値となった.また,少雪年では機械除雪の方が高いB/Cを示すが,降雪累計600cm以上の年では,消雪パイプのB/Cの方が高い値を示すようになる.

Economic evaluation of different snow-removal systems is important for optimizing measures against heavy snowfall in an urban area. In the present paper, a new method for the estimation is proposed and applied to two existing snow-removal systems on the roads of the commercial area of Nagaoka city. The annual costs and benefits of snow-melting pipes and snowremoval vehicles are calculated by using previous data of snow removal.<BR>The calculated benefit-cost ratios in that area are 10.9 and 16.1 for the snowmelting pipes in the years of average and abundant snowfall, respectively. The same ratios for the snow-removal vehicles are 10.7 and 7.6. This means that both systems are economically effective. The dependence of the costs and the benefits on the amountsof snowfall is also examined. It is concluded that the snow-removal vehicles have higher benefit-cost ratio than the snow-melting pipes in years of total snowfall less than 600cm. However, in years of snowfall greater than this, the snow-melting pipes are shown to have higher cost-benefit ratio.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 57(1), 3-10, 1995-03-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002381473
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    3596734
  • NDL 刊行物分類
    NA71(都市工学・衛生工学)
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ