北極域における近年の氷河変動 A review of recent glacier variations in the Aretic

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

北極域の近年の氷河変動に関するこれまでの観測や研究のなかで主要な知見をまとめた.まず北極域の氷河の地理的分布について紹介し,次いでそれぞれの地域における氷河変動の観測結果を紹介した(グリーンランド,スバルバード諸島,アイスランド,北極カナダ,北極ロシア).最後に100年以上の観測結果がある代表的な氷河の変動をまとめた.北極域の氷河変動は地域により異なる傾向を示すが,1850年頃まで前進期,それ以降現在までを後退期または停滞期として分けられる氷河が多い.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 57(1), 41-56, 1995-03-15 

    日本雪氷学会

参考文献:  65件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002381525
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    3595742
  • NDL 刊行物分類
    ME34(水文学--陸水)
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ