切削式屋根雪処理機の開発 An automated roof-snow remover

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

人手に頼らずに,新雪を対象として少量ずつ落雪させる新しい屋根雪処理機械を開発した.本機は,90Wのモータを動力源とし,棟をまたぐ逆V字形の切削滑落板を,屋根上に固定したレール上で横方向へ滑動させることにより屋根雪を切削し,切削滑落板上から軒下へ雪を滑り落として処理するものである.長岡市における小雪年での試験の結果,地上積雪深が59cmの時,切削滑落板の下端から75cm程度までが埋雪(最深8cm)し,これを切削することになったが,その時の除雪抵抗力は11.3kgf(切削滑落板1枚当り5.7kgf)で,屋根雪をスムーズに処理できることを確認した.

An automatic roof-snow remover was set on a pitched roof. The remover consists of an electric motor (90W) and a pair of inverse V-shaped snow cutting plates (20cm wide and 3.55m lomg each) . The plates shuttled between gables 7 times every 2 hours to cut newly deposited snow on the plates, leaving cut snow from eaves. The snow removing force was 11.3kgf when. the snow covered about 75cm of the lower end of plates and the maximum cutting depth was 8 cm.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 57(2), 141-148, 1995-06-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002381667
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    3624798
  • NDL 刊行物分類
    NA37(建設施工--建設機械)
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ