小型雪圧縮機の開発と作成した圧雪塊の実用性についての研究 Development of a small snow compressor and fracture strength of compacted snow columns

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

雪の資源的ポテンシャルを多目的に活用するために,"スクリューフィード方式&quotの小型雪圧縮機を開発した.この雪圧縮機は,集めた雪をスクリューで筒内に押し込み,テーパーのついた筒の先端から円柱あるいは四角柱に圧縮・成型された雪を連続的に排出する仕組みになっている.また,この圧雪塊は着色することもできる.圧雪塊の力学試験から,実用上十分な強度と保存性があり,雪祭りや雪室の貯雪などの各種の材料として利用できることを明らかにした.この方式の特徴は,機械が小型で小動力で作動すること,操作が容易でかつ安全であり,経済性に優れた点も併せ持っていることである.

A small snow compressor was developed with a "screw-feed" system to utilize snow resources effectively for various purposes. This system allows collected natural snow to be introduced into a cylinder where it is compressed by a screw to end up with a squeezed concrete cylindrical snow column. Also the system has feasibility of re-designing the column : cross section of the column can be rectangular or hexagonal. It is also relatively easy to colour the column. Mechanical test of the resultant snow column indicated that accumulated columns would last long time and be used as building materials in various occasions and such as snow festival, or for storaging snow. The system is rather small in size and also in energy consumption, and its operation is relatively easy and safe. Economical operation cost is another advantage of the system.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 57(2), 149-154, 1995-06-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002381676
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    3624759
  • NDL 刊行物分類
    NA37(建設施工--建設機械)
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ