地形による風の収束と青森市の降雪 On the snowfall at Aomori City due to orographic convergent winds

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

既存の気象観測資料(気温,風向風速,降雪量または降水量)を解析して,豪雪都市として知られる青森市の降雪量と地上の風系との関係を調べた.青森市の降雪量が多い時には,青森県下の風系が組織化され,風上に風の収束域が形成されることが明らかになった.この収束域は,津軽山地の稜線に沿って吹く北西風と,八甲田山系を迂回する南西風が青森市の西方で合流するすることによって形成されている.この地形による風の収束は,上昇気流を引き起こし,雪片を生成させると推定される.従って,寒気の流入と津軽山地および八甲田山系の存在が,青森市の局地的な大雪の原因になっていると結論される.

Data of air temperature, wind, and snowfall of Aomori Prefecture were analyzed to study effects of wind field on the snowfall at Aomori City. When the snowfall was very large, the wind field established a convergent wind zone in Aomori Prefecture. The convergent wind zone was found on the windward side of Aomori City by confluence of NW wind along the Tsugaru Mountains and the SW wind detouring the Hakkoda Mountains. The formation of orographic convergence of winter monsoon can be explained by the orographic effects upon the air flow in lower troposphere less than 3km and the convection induced by the intrusion of cold air at upper layers. It is concluded that the combined effect of the intrusion of cold air and the existence of Tsugaru and Hakkoda Mountains is responsible for the formation of convergence zone and the heavy snowfall at Aomori City.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 57(3), 221-228, 1995-09-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002381769
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    3636595
  • NDL 刊行物分類
    ME25(気象--大気現象)
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ