パタゴニア氷河の動力学および消耗特性 Characteristics of dynamics and ablation of glaciers in Patagonia.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

南アメリカ大陸南部のパタゴニア地域の氷河にて,1983年から1993年にかけて実施された4回の現地調査の成果から,パタゴニア氷河の流動機構,消耗特性,および近年の氷厚変化について述べる.ソレール氷河とモレノ氷河では,流動速度が数時間以内に大きく変動しており,最大値は最小値の約3倍であった.このことから,両氷河の底面すべり速度と氷の塑性変形による速度との比は2:1と見積もられた.夏季の氷融解におよぼす熱収支成分は,全般的に顕熱の寄与が大きく,氷河によっては放射収支を上まわる.また,高温,多湿気候下では凝結潜熱の寄与も放射収支に匹敵する.ソレール,チンダル,ウプサラ氷河では年間3 mから11 mの著しく大きい氷厚減少が観測された.一方,モレノ氷河はほぼ平衡状態にある.そのため,地球規模の気候環境変化の直接的な影響とは考えにくく,局地的な気象条件および氷河動力学に原因がありそうである.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 57(3), 245-256, 1995-09-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  45件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002381811
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    3636700
  • NDL 刊行物分類
    ME34(水文学--陸水)
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ