流雪溝中で完全浮遊する雪塊の最大流雪量の検討 Maximum flow rate of floating snow in an open channel

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,流雪溝の水深が比較的大きく,その中で雪塊や雪粒子が完全に浮遊している場合の最大流雪量について理論と実験によって検討したものである.この条件の下では,水との密度差のため雪塊は流雪溝の上層部に集中し,下層では水のみが流れる状態になる.本研究では,上層部が雪水混合流であり,下層部が水だけの流れになることに着目して,雪水混相流がビンガム流体であるとの仮定のもとに流速分布を求めた.得られた流速分布式から最大流雪量を導き,実験結果と比較し,理論式の妥当性を検討した.本理論は流雪溝の勾配が小さく水深が大きくなる水路に対して適用されるべきものである.

A maximum flow rate of floating snow in an open channel is discussed with a theory and experiments. Snow, lighter than water, flows in an upper part of a channel, and water in a lower part. The mixture of snow and water occupies the upper part where the velocity is almost uniform. Assuming that the snow-water mixture is a Bingham fluid, the velocity profile in the channel is derived and the maximum flow rate of snow is calculated. The theory is found to be reasonable compared with the experimental results. This theory is applicable to the cases in which the slope of a channel is mild and the water depth is large.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 57(4), 339-348, 1995-11-01 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002381930
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    3637516
  • NDL 刊行物分類
    NA71;M031
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ