低温におけるゴムの摩擦 Friction of rubber at low temperature.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

天然ゴム(NR)とブタジエンゴム(BR),さらには,それらを種々の割合でブレンドしたNR-BRブレンドゴムと氷との摩擦を行った.実験は,-20℃から0℃までの温度で,また,種々の接触圧力で行った.その結果,いずれの用いたゴム試料も,-15℃以下では高い摩擦係数を示すが,-10℃以上の温度では摩擦係数は急激に低下し,0℃では最も低い値を示した.用いたゴム試料の中で,NRは最も高い摩擦係数を示し,NRにBRをブレンドする割合を増やすほど,摩擦係数は低下を示した.そして,BR試料では最低の摩擦係数を示した.いずれの試料も,接触圧力が高いほど摩擦係数は低下した.ゴムと氷との接触面におけるせん断強さ(単位面積当たりの摩擦力)は,接触圧力に比例して増大する傾向が見られた.-20℃の低い温度では,各接触圧力でNRは最もせん断強さが大きく,BRが最低であり,NRにBRをブレンドする割合いを増やすほど低下する傾向を示した.しかし,温度が0℃に近づくにつれ各ゴム試料ともせん断強さは低下し,試料間の差はみられなくなる.これは,氷上の擬似水膜によって接触面が覆われ,固体接触部が減少して摩擦の差が見られなかったと考えられる.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 57(4), 384-389, 1995-11-01 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002382002
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    3638399
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ