圧雪路面における氷膜の形成過程 The formation of ice film at the surface of compacted snow on roads

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

スパイクタイヤ使用禁止以降,社会問題となっている凍結路面の形成過程を明らかにするために,降雪のあった日の夕方から,翌朝にかけて路面の調査を行った.本調査では,気象観測や交通量観測に加え,道路雪氷試料を採取し,偏光顕微鏡による薄片観察を行った.その結果,圧雪の表面に厚さ0.2~4mm程度の氷膜(氷板)が形成されることが明らかになった.同時に行った気象観測の結果より,この氷膜は,車両の影響で融けた水分が再凍結することによって生じることがわかった.さらに,このような氷膜の形成の有無は,時間交通量(無降雪時は,降雪が止んだ後の積算交通量)と時間降水量の関係によって,決定されることが明らかになった.また,自動車のスリップ時に発生する摩擦熱に加え,排気口からの暖められた排出物も道路雪氷の融解・再凍結を促進することがわかった.

After prohibition of studded tires of motor vehicles in Sapporo-city, slippery snow and ice on roads became a social problem. Snow on a road in Sapporo was surveyed during the night of March 5-6 1994, when the snow fell in the daytime ; meteorological and traffic data were collected together with snow and ice samples for thin section analysis. It was found that ice films, about 0.2-4.0mm thick, were formed on the surface of compacted snow ; the ice film was refrozen snow melt due to vehicle traffic. The occurrence of ice film depends chiefly on traffic volume and the amount of precipitation. Vehicle exhaust materials also increase melting of snow and ice on roads in addition to the frictional heat generated from vehicle slipping.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 58(1), 19-28, 1996-01-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002382065
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    3915872
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ