南米・パタゴニア氷原における最近の氷河変動 Recent glacier variations in the Patagonia Icefield

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

南米・南パタゴニア氷原の溢流氷河の1944/45年以降の変動について,種々のリモートセンシング・データを使用して明らかにし,その要因について考察した.北パタゴニア氷原では,22の溢流氷河について1945-75年,1975-86年,1986-91年,1991-94年の変動を明らかにした結果,全体として1991までは後退速度が加速的に増加したが,91年以降は後退速度が遅くなったことが判明した.この理由の一つとして,1960年代後半から1970年代初めにかけての降水量の増加が考えられている.南パタゴニア氷原では最近48の溢流氷河に関してイベントリーが作成され,多くの氷河で1945年から86年までの数時期の変動が明らかにされた.北氷原と比べて一般に後退速度が大きい(約3倍)が,一方ではほとんど変動していない氷河も多く存在し,Pio XI氷河(南米最大)のように8kmも前進して,面積が60km2増加した特異な氷河もある.またMoreno氷河は前進・後退を繰り返しており,ほぼ平衡状態にあることが判明した.このように変動のバラツキが大きいのが特徴である.これは,微妙な気候変動の他に,AAR,平衡線付近の氷河表面の勾配,カービングがフィヨルドか氷河湖かの違いとその水深,などが影響している結果と考えられる.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 58(1), 43-52, 1996-01-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  40件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002382094
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    3915875
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ