融雪期における林内放射収支量の開空率依存性 Radiative characteristics in forest during snowmelt season

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

魚眼レンズで撮影した全天写真をもとに,林の全天開空率(P)と太陽経路開空率(Q)の関係を求め,林外で得られた気象要素,放射量の観測値を用いて,林内融雪の支配因子である放射収支量を推定する手法を提示し,放射収支量の開空率依存性を明らかにした.晴天日の放射収支量は,全天開空率(P)の増加とともに増大するが,Pがおよそ0.8以上では減少することがわかった.これは林内への日射透過量が増大することよりも,樹冠起源の下向き長波放射量の減少が寄与しているためである.放射収支量の開空率依存性は,日射量の多い晴天日,あるいは積雪表面のアルベドが低く,吸収される日射量の割合が大きいほど顕著になる.日射量の少ない曇天日やアルベドが高いときには,放射収支量の開空率依存性は弱く,森林状態の違いによる放射収支量の違いは小さくなっている.

In analyzing all-sky photographs, a method to estimate net radiation in forest during snowmelt season is proposed. The relations between sky-view factor and net radiation at the forest bed in various weather conditions are investigated. In clear day, net radiation is proportional to sky-view factor up to about 0.8, but above that value, the net radiation decreases with increasing sky-view factor. The larger the sky-view factor is, the more solar radiation and the less downward long-wave radiation from forest canopy is received at the forest floor.Net radiation at the forest floor is more dependent on the sky-view factor when clear sky and low albedo of the forest floor, and less dependent when cloudy sky and high albedo of the forest floor.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 58(3), 229-237, 1996-05-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002382310
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    3965704
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ