積雪用ゾンデの現況 Recent works on snow sonde

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 阿部 修 ABE Osamu
    • 防災科学技術研究所新庄雪氷防災研究支所 Shinjo Branch of Snow and Ice Studies, National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention

抄録

積雪の内部構造に関する情報をより簡便に得るために開発された積雪用ゾンデの現況を経緯および展望を含めて紹介した.まず,積雪層構造を測定するためのこれまでの方法と新しい方法について述べ,長所や短所を指摘した.その上で複数のセンサーを組み込んだ複合ゾンデの構成,使用方法および測定結果を紹介した.さらにゾンデの性能評価や今後の展望について言及した.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 58(3), 239-245, 1996-05-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002382323
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    3965705
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ