生物活動による積雪中の窒素化合物の消費 Consumption of nitrogen compound from snowpack by microbiological activity

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

林冠環境の異なる3地点(コナラ林,アカマツ林,林外)において,積雪中の化学物質濃度および生物量の変化を調べた.積雪中の陰イオン濃度は,アカマツ林内でコナラ林内および林外よりも高くなっている.各地点とも積雪中のCl<SUP>-</SUP>,NO<SUB>3</SUB><SUP>-</SUP>,SO<SUB>4</SUB><SUP>2-</SUP>濃度は,融雪の進行によって低下する.しかしながら,積雪中のPO<SUB>4</SUB><SUP>3-</SUP>濃度は,いずれの地点でも融雪最盛期に増加する.その濃度が,アカマツ林内とコナラ林内で林外よりも高いことから,積雪中のPO<SUB>4</SUB><SUP>3-</SUP>は有機物の二次生成物と考えられる.顕微鏡観察によると,林内の積雪中には細菌・カビ・藻類の存在が認められるが,積雪初期には低密度で,融雪最盛期に増加する.積雪中のクロロフィルaとフェオフィチンaの濃度は,アカマツ林内においてコナラ林,林外よりも高い.また,アカマツ林内およびコナラ林内のクロロフィルa濃度は,融雪最盛期に増加し,藻類が増加することを示している.積雪中のバクテリア数は,アカマツ林内>コナラ林内>林外の順であり,融雪最盛期に多くなる.積雪融解試料による培養実験の結果,アカマツ林内の試料を明所に置いた場合のみ,NO<SUB>3</SUB><SUP>-</SUP>濃度が減少し,25日目以降NO<SUB>3</SUB><SUP>-</SUP>が検出されない.積雪融解試料に緑藻を添加した培養実験では,アカマツ林内の試料で,2週間でクロロフィルaとして14.7μg/lの緑藻が増加した.この結果から窒素の消費量を見積もると,藻類の増加によって積雪中からNとして220μg/lが消費されたことになる.

The variations of anion concentration and biological activity in the snowpacks were studied at an open site, a deciduous forest site and a coniferous forest site. Concentrations of major anions in the snowpack are higher at the coniferous forest site than at both the open site and the deciduous forest site. Concentrations of major anions gradually decrease as the snowmelt progressed. Concentration of PO<SUB>4</SUB><SUP>3-</SUP> in the snowpack increases as the snowmelt progressed. Concentration of chlorophyl-a in the snowpack is higher at the coniferous forest site than at both the open site and the deciduous forest site. Concentrations of chlorophyl-a in the snowpack at both deciduous and coniferous forest site increase during the snowmelt season. Activity of snow algae is considered to be large during the snowmelt season.<BR>By the incubation experiment, NO<SUB>3</SUB> of the sample collected at coniferous forest site is consumed probably by the snow algae. Consumption of nitrogen by <I>Scenedesmus</I> is estimated by the incubation experiment as 220μg/lfrom the snow-pack.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 58(4), 295-301, 1996-07-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002382404
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    4002743
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ