日本の冬の気候と積雪の地域性 Snow cover and climate in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本の冬期の気候的な特徴と積雪との関連をメッシュ気候値をもとに量及び質の両面から検討した.湿り雪地域の積雪については,定義を詳細に論じるとともに,一冬期を通じた層構造の変化をあらわす簡単なモデルを提案した.また,各雪質ごとに緯度と標高の関係,平均気温と積雪深との関係を求め,日本の積雪地域の地理的および気候的な特徴を明らかにした.この中で,しもざらめ雪地域を指定する推定ラム硬度の式と同等な積雪と気温による関係式を見いだすことができた.さらに,メッシュ気候値を用いたデータベースや積雪の数値情報地図などにもふれながら,メッシュ気候値による雪質区分の有用性を解説した.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 58(4), 329-338, 1996-07-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  31件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  7件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002382476
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    4002747
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ