氷に関する最近の分子動力学シミュレーション -水分子, 水, および氷の原子間ポテンシャルモデル- Recent molecular dynamics simulation studies on ice : Interatomic models of H_2O molecule, water, and ice

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1970年代初めに出現した水分子の相互作用モデルは,溶融塩のための分子シミュレーション手法の出現とともに,それまでほとんど「統計物理学の実験手法」のみとして位置付けられていた分子動力学法とメトロポリス・モンテカルロ法のユーザーを広く化学とその応用分野に拡大した.最近では,バルク状態の純粋な水や氷だけでなく,膜と気相の系や水中の電極表面など,あるいは超臨界状態を含む高温高圧下の水や氷,電解質や有機分子の水溶液などにも適用されている.水の分子・原子間相互作用モデルは,初期の経験的剛体分子モデルから(黎明期:BNS,ST2),分子軌道法を用いた第一原理的剛体分子モデルを経て(発展期:MCY,CC),最近では,再現性が優れていることから,再び経験的モデルが多用されるようになっている(充実期(回帰):TIPS,TIP4P).また,剛体分子としての取り扱いから,内部自由度を持つモデル(剛体分子からの発展と中心力での構成の2種がある),さらに全自由度を持つモデルへと発展してきた.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 58(4), 339-342, 1996-07-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002382508
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    4002748
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ