局所的斜面形による斜面雪圧の違い Differences of snow pressure on partial sloping forms

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1990/91年から3冬季にわたり,表裏両面の基部にストレインゲージを取り着けたコンクリート製凸型杭で,豪雪地の局所的な凹型と凸型の両斜面形による斜面雪圧の違いを実測した.測定期間中,杭に加わった最大雪圧は,凹型斜面形では1992/93年の6.4 t,凸型斜面形では1990/91年の3.5 tであった.一般的傾向として,局所的な凹型斜面形の雪圧は凸型斜面型よりもおよそ2倍近く大きいことがわかった.また,極所的凹型斜面形の積雪の変態や融雪は,凸型斜面型よりも遅れることが確認された.<BR>以上により,局所的な凸型斜面形への植栽によって,スギ林木の雪害を回避し,軽減できることが示唆された.

Differences of snow pressure on partial sloping forms were measured with ferroconcrete piles which have two strain gages on the inside and outside of base portion for three winters 1990/91 to 1992/93 at a snowed forest. The annual maximum snow pressure was 6.4 tons on a concave slope and 3.5 tons on a convex slope. Generally, snow pressure on partial concave slope was twice or more times larger than that on convex slope. It was suggested that planting of <I>cryptomeria</I> trees on partial convex slopes will aid to avoid snow damage to the trees.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 58(6), 463-468, 1996-11-01 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002382609
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    4085520
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ