雪中爆破による積雪層への影響 Effects of explosives detonation inside snow cover

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

雪崩による災害を未然に防ぐための積極的な雪崩対策として, 爆薬により人工雪崩を発生させる方法が実施されている.しかし, 爆薬の使用方法については, 経験によるところが多い.このような現状に鑑み, 本研究では最近利用率が増加している含水爆薬を人工雪崩に用いる場合の装薬方法を明らかにすることを目的として, 爆薬量や種類, 装薬位置を変えて実験を行った。その結果, 破壊孔は球と近似したときの球の半径 (<I>R</I>) をもとに表現できることが明らかになった.これをもとに, 爆薬量 (<I>L</I>) と破壊孔の半径 (R) を関係づける, (<I>L</I>=<I>d・f<SUB>H</SUB></I> (<I>H</I>) ・<I>f <SUB>VF</SUB> </I> (<I>V, F</I>) ・<I>f<SUB>R</SUB></I> (<I>R</I>) ・<I>R</I><SUP>3</SUP>) なる実験式を提案した.ここで, <I>d</I>はてんそく係数, <I>f<SUB>H</SUB></I> (<I>H</I>) は装薬位置<I>H</I>に関する補正係数, <I>f<SUB>VF</SUB></I> (<I>V, F</I>)は爆破速度<I>V</I>と火薬力<I>F</I>による補正係数, <I>f<SUB>R</SUB></I> (<I>R</I>) は薬量修正係数である.さらに, 実験式を検証する意味で, 一般的な装薬方法である千鳥状に装薬して実験を行ったところ, 実験式を支持する結果が得られ, 本実験式の有効性を示すことができた.

Artificial snow avalanches released by explosives are widely practiced in recent years. However, reports on the usage of explosives are very few. This paper also deals with the usage of explosives, in particular emulsion explosives. Experiments were carried out changing the type of explosives, charge quantity and charge location. It was found that the destructed space was approximated to a sphere with radius <I>R</I>. Relation between the charge quantity <I>L</I> and the radius of sphere <I>R</I> was expressed by the following empirical equation : <I>L</I>=<I>d·f<SUB>H</SUB></I> (<I>H</I>) ·<I>f<SUB>VF</SUB></I> (<I>V, F</I>) ·<I>f<SUB>R</SUB></I> (<I>R</I>) ·<I>R</I><SUP>3</SUP>, where, d is a coefficient of blockade, <I> f<SUB>H</SUB></I> (<I>H</I>) the correction coefficient for explosive depth <I>H</I>, <I>f<SUB>VF</SUB></I> (<I>V, F</I>) the correction coefficient for explosion speed <I>V</I> and specific energy <I>F</I>, and <I>f<SUB>R</SUB></I> (<I>R</I>) the correction coefficient for charge quantity. The validity of this equation and basic assumptions was experimentally demonstrated.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 59(4), 235-246, 1997-07-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002383039
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    4256941
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ