雪の水力輸送機械の開発 -第5報 事業用雪押込機- Development of machines for hydraulic transportation of snow Part 5 : A snow feeder for communal use

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

雪を水と混合してポンプで加圧し管路により輸送する装置として, 前報の1t/hの能力の家庭用雪押込機の開発までに得られたデーターを総合して, 26.4t/hの事業用規模の雪押込機を設計する設計法を示した.そして, それに基づいて設計された機械を試験し, ざらめ雪について, 34.9t/hの処理能力, こしまり雪について9.8t/hの処理能力を確認した.これを設計の重要因子である固相率でみると, 設計値の20%に対して, それぞれ, 23.5%と9.2%であった, つまり, 本論文の設計法は, 雪質によるこの程度の差を含んで, 妥当なものとされた.<BR>また, 作られた雪押込機の能力は, 投入口を除雪機械による雪の大量投入に適したように改良し, 流雪溝の水量を増すことによって, さらに増加させることが可能であると判断された.

Integrating the data successively obtained during the development of a household snow feeder of 1.0 t/h intake, a large snow feeder for communal use of 26.4 t/h intake was designed, constructed and tested. The snow feeder performed 34.9 t/h for granular snow and 9.8 t/h for lightly compacted snow. Values of snow fraction in the water tank of the feeder were 23.5% for granular snow and 9.2% for lightly compacted snow. Comparing these values with the designed value of 20.0%, the communal snow feeder was concluded to be valid in considering the discrepancy due to the quality of snow. The performance of the feeder should be improved by enlarging the opening and increasing the capacity of water supply and pumping.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 59(4), 247-255, 1997-07-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002383053
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    4256942
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ