アイスレーダによる白瀬氷河流域の氷床基盤と内部構造の観測 Bedrock topography and internal structures of ice sheet in the Shirase Glacier drainage area revealed from radio-echo soundings

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

雪上車搭載高感度アイスレーダにより, 1992年に南極大陸ドームF (77°19'S, 39°42'E, 標高3810m) 周辺の深さを最大3520mまで氷厚観測することができた.ドームF頂上部のDF80付近は, 周囲の基盤地形にくらべ盆地上の地形をしており, かつ, 内部層構造は, 傾きが小さいことからから, 流動によって氷床の鉛直分布が大きく乱されていないことを確認した.また, ドームF周辺およびその地点から大陸沿岸のS16までの基盤地形と氷床内部層の構造を明らかにし, それらの特徴について考察した.レーダ観測により判明した基盤高度は, ドームFからMD164 (S16より南へ約440kmの地点) までの内陸部では平均高度約500mであるのに対し, この点を境に沿岸部では海抜高度0m程度にステップ状に段差があることを見出した.また, この段差を境に氷の内部の構造が異なっている.氷床内部層構造は, 沿岸に近いほど複雑であり, 内陸部は沿岸部に比べ連続的で単純な構造であった.その要因は, MD164での段差が氷床流動に影響を与えているためと考えられる.

A newly developed radio-echo sounder mounted on an oversnow-vehicle was used in the Shirase Glacier drainage area in 1992, obtained the maximum ice thickness of 3520m around the ice divide Dome Fuji (Dome F : 77°19'S, 39°42'E, 3810m a. s. l.). The bedrock topography of the summit area of Dome F was basin-like and internal ice distortion was not discernible because layer structures were parallel to both the ice sheet surface and the bedrock surface. The bedrock topography and internal structure were also measured from Dome F to the coast (Station S16 at 69°02'S, 40°03'E). The elevation of bedrock in the inland area was about 500m a.s.l. and the ice layers were parallel to the bedrock; between S16 and MD164 (ca. 440km south of S16) the bedrock elevation was nearly at the sea level and the internal ice structure was complex.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 59(5), 331-339, 1997-09-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002383093
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    4302465
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ