平滑化B-スプライン関数を援用した有限要素法によるヒステリシスを伴う不飽和浸透流の解析 -多孔体中の不飽和浸透流の研究(II)- Analysis of Unsaturated Flow Including Hysteresis by Finite Element Method with the Aid of Somooting B-Spline Functions -Studies on Unsaturated Flow in Porous Media(II)-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

前報(藤縄.1997)では.土壌水分特性θ(<I>h</I>)および不飽和透水係数<I>k</I>(<I>h</I>)におけるヒステリシスを評価する新しい方法を提案し.Vachaud&Thony(1971)が行った実験結果を用いてその妥当性を検証した.本報では.浸潤前線を伴う浸透問題を解くときに発生する数値解の振動による影響を解消し.正しい走査曲線が選定できる平滑化B-スプライン関数を援用した有限要素法について考察する.本法をVachaud&Thonyの再分布実験に適用し.サクションと体積含水率について実験結果と比較したところ.良好な結果が得られた.

In the accompanying paper (Fujinawa,1997), new methods were proposed to evaluate hysteretic relationships of soil water characteristics θ(<I>h</I>) and unsaturated hydraulic conductivity <I>k</I>(<I>h</I>) and its applicability was verified by using experimental results conducted by Vachaud & Thony (1971). This paper deals with a finite element method with the aid of smoothing B-spline functions which enable to eliminate numerical oscillations associated with solving infiltration problems with abrupt seepage fronts and to search for correct scanning curves. The proposed method was applied to a Vachaud & Thony's redistribution experiment and the simulated results were favorably compared with the experimental results in terms of suction and volumetric water content.

収録刊行物

  • 地下水学会誌  

    地下水学会誌 40(3), 311-327, 1998-08-31 

    公益社団法人 日本地下水学会

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002383545
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10088275
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09134182
  • NDL 記事登録ID
    4563820
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-140
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ