経済的な新雪除雪基準の評価 An evaluation of economic criteria for snow-plowing operation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

道路の新雪除雪を行う場合に,経済的に最も効率の良い出動基準を,雪害度(金額として表す雪害の度合)を用いて評価した.まず,気象データを用いる積雪重量推定式に,除雪の項を加えることによって,道路上の積雪量が所定の値(除雪基準)を越えないよう除雪を行うという条件でシミュレーションを行った.次に日々の残雪量から道路の機能低下の度合を推定し,その年間合計が,何日間の道路完全閉鎖に相当するか(相当閉鎖日数)を計算した.この相当閉鎖日数から年間の便益の低下を,総除雪日数から年間の除雪費用を求め,両者の和である雪害度が最も小さくなる除雪基準を求めた.その結果,長岡市の市街地に対しては,大雪年,少雪年に関らず,道路上に5~9kg/m<SUP>2</SUP>程度の積雪があるときに新雪除雪を行うと最も経済的であることがわかった.これは,現在採用されている除雪車の出動基準とほぼ一致する.

An economically optimum criterion for snow-plowing operation on roads was presented with calculation of annual cost of snow damage. The cost of snow damage is defined as the sum of benefit reduction by snow accumulation and snow-removing cost. Annual benefit reduction on the road was calculated as a cumulative value of the daily traffic prevention factor (TPF), which is estimated as a function of daily amount of snow left on the road, multiplied by daily financial loss. Annual cost for snow-plowing operation was proportional to the number of snow-removing days.Both cumulative TPF and the number of snow-plowing activities were simulated when a snow-removing criterion and some meteorological data were given. The most economical calculated criterion for the urban snow removal of Nagaoka City was when the snow on the road was in a range between 5 and 9 kg/m<SUP>2</SUP> regardless of the snow abundance; this is almost the same as the current mobilization criterion for snow plows.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 60(1), 25-35, 1998-01-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002383900
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    4390583
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ