最終氷期における日高山脈の氷河の流動の復元 A reconstruction of flow of alpine glaciers during the Last Glacial Maximum in the Hidaka Range, central Hokkaido

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 劉 大力 LIU Dali
    • 北海道大学大学院地球環境科学研究科 Graduate School of Environmental Earth Science, Hokkaido University
    • 小野 有五 ONO Yugo
    • 北海道大学大学院地球環境科学研究科 Graduate School of Environmental Earth Science, Hokkaido University

抄録

氷河地形が多く見られる北海道日高山脈において,解析図化機を用いて空中写真から判読・計測された最終氷期(約1.8万年前)の氷河の厚さと表面傾斜の値から,氷河の流れを層流と仮定した流動則を用い,塑性変形による流速と流量を計算した.質量収支を検討した18例の氷河では,氷期の平均氷温を-7~-8℃と仮定すると,平衡線を通過する年間塑性流量が涵養域の全質量収支および消耗域の全質量収支の絶対値に等しくなった.平衡線の中央部における表面流速は,18例の氷河で1~20m/aとなった.最終氷期の日高山脈の氷河は,世界中の現存のカール氷河や小規模な谷氷河と流動様式が近いことがわかった.

Flow conditions were reconstructed for 18 alpine glaciers in the Hidaka Range, during the LGM (Last Glacial Maximum, about 18, 000 y.B.P.), assuming a plastic and laminar flow without basal sliding.Reconstructed annual discharge through the cross section at the ELA (Equilibrium Line Altitude)on 18 glaciers almost coincided with the amount of reconstructed annual net ablation (or accumulation)below(or above)the ELA, when the mean ice temperature was assumed to be -7°C and -8°C, together with assumed air temperature cooling of 6°8°C.The flow velocity range at the center of the ELA was between 1 and 20 m/a, depending on the surface gradient and the ice thickness.Comparison of these flow velocities with those of present day glaciers, without basal sliding, suggests that the glaciers of the Hidaka Range during the LGM were similar in character to small modern cirque and valley glaciers in the world.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 60(1), 47-54, 1998-01-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002383922
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    4390585
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ