厳寒地に適用可能な積雪多層熱収支モデル A multi-layer heat balance model of snow cover adaptable to intensely cold regions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

厳寒地に適用することを主目的として,積雪の鉛直1次元モデルを開発した.このモデルは気象データを入力して,積雪の温度,密度,含水量の鉛直分布を計算するものである.モデルは積雪を等間隔に切った単純な構造をもち,液体水の流下やアルベードは非常に簡単な扱いになっている.厳寒地でよく見られるしもざらめ雪を考慮するために,有効温度勾配を導入した.これにより熱伝導率や圧縮粘性係数のしもざらめ化による変化を取り入れた.また,降雪と降雨の比は湿球温度の関数として与えた.モデルの検証として,札幌と北海道東部のアメダス観測点でのひと冬通してのシミュレションを行った.札幌の計算では積雪深,積雪水量,雪温・密度の鉛直分布をほぼ再現できた.北海道東部では,積雪がしもざらめ化していく様子を計算できた.

A one-dimensional model has been developed to simulate temporal change of snow cover in intensely cold regions. This model can calculate the profiles of snow temperature, density and liquid water content using meteorological data inputs. The model structure is simple having snow layers with the same thickness; the treatment of liquid water flow and albedo is also very simple. Effective temperature gradient is introduced to treat the depth hoar which is frequently observed in cold regions, thus we can consider the change of thermal conductivity and compactive viscosity coefficient by depth hoar formation. The ratio of snow to rain in the precipitation is given as a function of wet-bulb temperature. The model was validated for the snow cover at Sapporo and AMeDAS (Automated Meteorological Data Acquisition System)stations in east Hokkaido. We simulated the snow depth, water equivalent of snow, and profiles of snow temperature and density at Sapporo, and depth hoar formation in east Hokkaido.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 60(2), 131-141, 1998-03-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  33件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  7件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002383980
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    4423070
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ