裸地・積雪地・植生地での凍土凍結深 Seasonal frost depth of grounds with the bare surface, snow cover and vegetation.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

裸地・積雪地・植生地における凍土の凍結深について,鉛直1次元モデルに中国東北部の季節凍土帯の気象データを用いて,気象条件・地表面パラメータに対する依存性を調べた.その結果,裸地については気温が凍結深を支配すること,風速が大きくなると凍結深がやや減ることが確かめられた.また,土壌の含水率への依存性は含水率が0.1以下の場合を除くと小さいこと,乾燥密度にも大きく依存しないことがわかった.積雪が存在する場合には,凍結深が積雪深のほかに雪の熱物理係数にも強く影響されることがわかった.植生地については,森林を想定すると森林密度の凍結深への影響は大きくないことが示された.続いて,積雪下の凍結深の推定について,数値計算によらない方法を提案した.この方法は積雪内の温度分布を半理論的に解いて求めたものであり,汎用性をもっている.しかしながら,推定に必要な項目が多いなどの問題点も抱えている.

Dependence of seasonal frost depth of ground on meteorological conditions and ground surface parameters was investigated with one-dimensional models. We used meteorological data of northeastern districts of China where seasonally frozen ground developed. For the case of bare surface, it is shown that the air temperature controls the frost depth and the increase of wind speed gives a slight decrease in the frost depth. The frost depth depends slightly on the soil water content except when the water content is less than 0.1, and it also depends slightly on the dry soil density. For the case of snow cover, the frost depth is seriously influenced by the thermal property of snow as well as the snow depth. For the vegetated surface, the frost depth is almost independent of forest density. A universal method to estimate the frost depth in the snow-covered ground is derived from a semi-theoretical solution of temperature profile in the snow cover. However, this method needs further elaboration.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 60(3), 213-224, 1998-05-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002384085
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    4480462
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ