北陸地方における降水量計の固体降水捕捉率 Catch ratios of gauges for solid precipitation in Hokuriku region

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

気象庁で使用されているRT-1, RT-3, RT-4型の転倒桝降水量計について,固体降水に対する捕捉率を新潟県上越市において2寒候期にわたり観測した.捕捉率の計算に必要な真の降水量は,WMO「固体降水の比較観測に関する国際組織委員会」が定めた方法に準じて推定した.観測の結果,固体降水の捕捉率はいずれの降水量計でも風速が強いほど減少し,風速4mにおいては無風時の60%程度であった.減少の程度は,RT-3, RT-1, RT-4の順で大きかった.準器に着雪が発生するなど,国際組織委員会が定めた方法は,北陸地方の降雪の特性には必ずしも良く対応していない点があることが観察された.

Catch ratios of three gauges (RT-1, RT-3 and RT-4) which have been conventionally used in Japan were evaluated for solid precipitation in the Hokuriku region over two winters. The true precipitation was determined according to the recommendations of WMO International Organizing Committee for the Intercomparison. Catch ratios decreased with increasing wind speed and were about 60% at the speed of 4ms<SUP>-1</SUP>. The gauge RT-4 gave the best catch ratios, then followed RT-1 and RT-3. Snow adhering on the reference gauge (Double Fence Intercomparison Reference) was sometimes observed. It seems that the recommended method by the committee is not necessarily suited to the precipitation measurement in the Hokuriku region where heavy and wet snowfalls take place.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 60(3), 225-231, 1998-05-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  17件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002384102
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    4480463
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ